ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展【@兵庫県立美術館】

f:id:harmonie-kobe:20220128154809j:plain

今回は兵庫県立美術館で開催されていました。

特別展『ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展』

行ってまいりました!

www.artm.pref.hyogo.jp

エジプトの歴史は、まったく詳しくありませんが

石像や石碑などが好きなのと、それとCTスキャンされたミイラ!

これは見ておかないといけないでしょう!

と、そんなこんなで行ってまいりまーす。

f:id:harmonie-kobe:20220128172958j:plain

f:id:harmonie-kobe:20220128173013j:plain

f:id:harmonie-kobe:20220128173024j:plain

写真を撮れるはここまで!

 

ライデン美術館に所蔵されている25、000点にのぼる(スゴイ数!)

所蔵品から厳選された250点から展示されており

石像や石碑、書物に装飾品など、造形的にも観ていて楽しい物ばかり!

(個人的にはツタンカーメン王の倚像”がスゴク良かった!)

 

そして展示のラストのフロアでは“日本初となる棺の立体展示”

垂直に立てられた12点からなる棺は、本当に圧巻!

それと人だけでなく、猫やワニにハヤブサのミイラなんかもいたりして

形が愛くるしいのが印象的でした(笑)

 

あと“ミイラの作り方”などもイラスト付きで解説されていて

oh…と声が出そうになりながらも興味深く見ておりました(笑)

 

最後に“CTスキャンされたミイラ”

包帯(亜麻布)にくるまれたままでも、性別や年齢に加え

体の中に、こんなものが入っているなどなど

そんな事までわかるのと!現代の技術に感動しました!

この動画解説だけでも観覧料の元が取れます(笑)

 

そして物販コーナーでは…

f:id:harmonie-kobe:20220128181918j:plain

安定のポストカード!

“神戸市立博物館”でも大英博物館 ミイラ展』が開催されておりますので

エジプトづくしで観に行きたいと思います!